愛知県の水族館を、その特徴、営業情報などとあわせて紹介するサイト『愛知県のお勧め水族館』
愛知県の水族館を、その特徴、営業情報などとあわせて紹介するサイト『愛知県のお勧め水族館』

水族館とは、海や河川などの水中や水辺で生活する生き物を収集・展示している施設で、
魚介類や両生類、海獣類といった動物を観ることができ、中には触れあうことが出来る
水族館もあります。
イルカやアシカなどの海獣によるショーをしている水族館もあり、家族連れの来館者を
楽しませる目玉にもなっています。
水族館は海に近いところにある場合が多いですが、動物園などと併設されていることも
あり、来館者を飽きさせない工夫がいろいろとされています。
愛知県は海に面していることもあり魅力的な水族館も多くありますので、皆さんも一度
水族館を訪れてみてはいかがでしょうか。

竹島水族館

竹島水族館は、遠州灘に生息する深海性の生物の展示をメインに海水・淡水の生物が約450種、4500点が展示されている水族館です。

ビーチランド

イルカ、アシカショー、海獣たちとのふれあいタイムなどがある南知多ビーチランド、南知多おもちゃ王国、 海辺エリアで構成されています。

海浜水族館

クラゲコーナー、レクチャーコーナー、大水槽などがあり、冷たい海の生物、暖かい海の生物、潮間帯の生物などが展示されています。

名古屋港水族館

館内は大きく北館、南館に分かれています。北館の展示テーマは「35億年 はるかなる旅 〜ふたたび海へもどった動物たち〜」で、館内では悠久の時の流れを感じることが出来ます。

ビーチランド詳細データ

季節によって営業時間が異なり、冬の間は開園、閉園時間が30分短縮されますので、 お出かけになる際には注意して下さい。

名古屋港水族館詳細データ

入館は閉館時間の1時間前までの受付となりますが、当日に限り何度でも再入館が可能です。また購入日から1年間何度でも入館できる年間パスポートもあります。